どんな人でも失敗しないタイヤ交換の方法!タイヤ交換の基本と方法について紹介

当サイトは、タイヤがパンクしたときやタイヤの減り方を均等にするするためのローテーション作業などタイヤ交換についての基本的な知識および交換方法について解説しています。
初めての人でも成功するためのコツやポイントや交換作業の流れなど幅広く触れているので、現在交換作業を検討されている人や車の免許を取得したばかりでドライブ途中でパンクしたときのことを想定して覚えたい人などにおすすめです。

どんな人でも失敗しないタイヤ交換の方法!タイヤ交換の基本と方法について紹介

タイヤ交換は、パンクしたときや新しいタイヤに交換するとき、もしくはホイールを新しいものに変えたいときや位置変更でもあるローテーションするときに必要になる作業です。
ここでは、タイヤ交換における基本やその方法について解説していますが、タイヤ交換を行った後はしっかりナットを止めることが重要で、これを怠ると走行途中に脱輪などのトラブルが起こることもあるので注意しましょう。
また、あまり自信がない人などは業者に依頼すると安心です。

タイヤ交換の基本について知ろう!

タイヤ交換の基本は、平坦な場所で行うということです。
坂道で交換しようとすると、作業中に車が動き出し事故を引き起こすことにもなりかねません。
少しでも傾きがある場所では車が動いてしまう恐れがあるため、必ずまっ平らな場所でタイヤ交換をするようにしてください。
地面からタイヤを浮かすためにジャッキと呼ばれるものを使用しますが、これを設置する場所はアスファルトやコンクリートのような硬い路面がベストです。
土や草地のように柔らかい地面で作業を行うと、車の重みでジャッキごと沈み込んでしまい、大変危険です。
硬い路面を探して作業を行うようにするか、柔らかい場所しか見つからない場合には鉄板のような固いものを下に敷くと良いでしょう。
交換作業中は決して車の下に入り込まないようにしてください。
しっかりと固定したつもりでも、何らかの衝撃が加わることで車がずり落ちてしまう恐れもあるからです。
当然ながら下敷きになると怪我ではすみません。
念のために誰か他の人と一緒に作業をするようにすると万全です。

タイヤ交換の重要性とはどのようなものか

タイヤは車を走らせる為に、とても重要で消耗度が激しいパーツです。
車を走らせる為に受けることが必須の車検でもタイヤは検査対象となっていて、タイヤの空気圧やタイヤの溝やタイヤのひび割れや傷などの状態をチェックしています。
車を走らせることや曲がることや止まることは、タイヤが正常な状態でなければ行うことが出来ず問題がある場合には車検を通すことも出来ない重要なパーツです。
タイヤ交換の重要性は早めの交換で、安全に車を走らせることが出来る点が挙げられます。
タイヤには溝があり地面に対して、滑らないようにグリップの役割を果たしています。
溝が浅くなることでスリップの原因となり、車にとってはとても危険な状態となります。
車を運転していることで突発的なタイヤトラブルは避けることは出来ませんが、空気圧や溝やひび割れなどのチェックを行い適切なタイヤ交換をすることで車のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
タイヤの寿命は製造後長くても10年程度と言われていて、走行状態やタイヤの状態によっても早期のメンテナンスが必要となります。

タイヤ交換する時期の目安はどのくらい?

安全に車を走行させる為には早めのメンテナンスは、欠かすことが出来ないものです。
特に車のタイヤには日々の強い負担がかかり続けていて、タイヤ交換の目安は約4年から5年程度と言われています。
しかし走行状態によってはそれよりも前に交換が必要となる場合があり、タイヤの状態を正確に把握して早めの交換をする必要があります。
夏タイヤと冬用のスタッドレスタイヤによってもタイヤの寿命は異なり、夏タイヤの場合はタイヤの溝が4mm以下になった場合には交換の検討をするべきです。
スタッドレスタイヤの場合は新品タイヤから、50%の摩耗が認められた場合には交換時期となります。
タイヤ交換を早期に行うのはタイヤの溝が浅くなることで、タイヤの制動機能に影響が出てスリップの原因となる場合があります。
タイヤがしっかりと地面に接することが出来ないことで、ブレーキやハンドリングにも影響が出ることがあるので早期の交換が必要です。
重要なのは日頃からタイヤの状態をしっかりと把握しておくことで、交換は早めに行うことをおすすめします。

タイヤ交換に必要な道具の揃え方!

タイヤ交換に必要な道具の揃え方ですが、これはさほど難しいことではありません。
カー用品店などに行けば誰でも簡単に手に入れることができます。
より基本的なことを言ってしまえば、カー用品店に行く必要さえもありません。
タイヤ交換に必要な工具は、実は車載品として予め車両に備え付けられているからです。
言い替えればタイヤの交換はドライバー自身でもできるものとされているわけで、それは信じられないというような人は今一度マイカーの取扱説明書を読み直したほうが良いでしょう。
基本的な工具は車両を持ち上げるためのジャッキと、タイヤをホイールに固定しているナットを回すためのレンチです。
これがあれば少なくとも作業は可能ですが、より快適にまた安全に行うためには道具にこだわることもあって、予め車両に備え付けられているものではなくてカー用品店などでより使いやすいものを買い求める人も多くいたりするのは間違いありません。

タイヤ交換に関する情報サイト
タイヤ交換の基本と方法

当サイトは、タイヤがパンクしたときやタイヤの減り方を均等にするするためのローテーション作業などタイヤ交換についての基本的な知識および交換方法について解説しています。初めての人でも成功するためのコツやポイントや交換作業の流れなど幅広く触れているので、現在交換作業を検討されている人や車の免許を取得したばかりでドライブ途中でパンクしたときのことを想定して覚えたい人などにおすすめです。

Search