どんな人でも失敗しないタイヤ交換の方法!タイヤ交換の基本と方法について紹介

当サイトは、タイヤがパンクしたときやタイヤの減り方を均等にするするためのローテーション作業などタイヤ交換についての基本的な知識および交換方法について解説しています。
初めての人でも成功するためのコツやポイントや交換作業の流れなど幅広く触れているので、現在交換作業を検討されている人や車の免許を取得したばかりでドライブ途中でパンクしたときのことを想定して覚えたい人などにおすすめです。

どんな人でも失敗しないタイヤ交換の方法!タイヤ交換の基本と方法について紹介

タイヤ交換は、パンクしたときや新しいタイヤに交換するとき、もしくはホイールを新しいものに変えたいときや位置変更でもあるローテーションするときに必要になる作業です。
ここでは、タイヤ交換における基本やその方法について解説していますが、タイヤ交換を行った後はしっかりナットを止めることが重要で、これを怠ると走行途中に脱輪などのトラブルが起こることもあるので注意しましょう。
また、あまり自信がない人などは業者に依頼すると安心です。

タイヤ交換の基本について知ろう!

タイヤ交換の基本は、平坦な場所で行うということです。
坂道で交換しようとすると、作業中に車が動き出し事故を引き起こすことにもなりかねません。
少しでも傾きがある場所では車が動いてしまう恐れがあるため、必ずまっ平らな場所でタイヤ交換をするようにしてください。
地面からタイヤを浮かすためにジャッキと呼ばれるものを使用しますが、これを設置する場所はアスファルトやコンクリートのような硬い路面がベストです。
土や草地のように柔らかい地面で作業を行うと、車の重みでジャッキごと沈み込んでしまい、大変危険です。
硬い路面を探して作業を行うようにするか、柔らかい場所しか見つからない場合には鉄板のような固いものを下に敷くと良いでしょう。
交換作業中は決して車の下に入り込まないようにしてください。
しっかりと固定したつもりでも、何らかの衝撃が加わることで車がずり落ちてしまう恐れもあるからです。
当然ながら下敷きになると怪我ではすみません。
念のために誰か他の人と一緒に作業をするようにすると万全です。

タイヤ交換の重要性とはどのようなものか

タイヤは車を走らせる為に、とても重要で消耗度が激しいパーツです。
車を走らせる為に受けることが必須の車検でもタイヤは検査対象となっていて、タイヤの空気圧やタイヤの溝やタイヤのひび割れや傷などの状態をチェックしています。
車を走らせることや曲がることや止まることは、タイヤが正常な状態でなければ行うことが出来ず問題がある場合には車検を通すことも出来ない重要なパーツです。
タイヤ交換の重要性は早めの交換で、安全に車を走らせることが出来る点が挙げられます。
タイヤには溝があり地面に対して、滑らないようにグリップの役割を果たしています。
溝が浅くなることでスリップの原因となり、車にとってはとても危険な状態となります。
車を運転していることで突発的なタイヤトラブルは避けることは出来ませんが、空気圧や溝やひび割れなどのチェックを行い適切なタイヤ交換をすることで車のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
タイヤの寿命は製造後長くても10年程度と言われていて、走行状態やタイヤの状態によっても早期のメンテナンスが必要となります。

タイヤ交換する時期の目安はどのくらい?

安全に車を走行させる為には早めのメンテナンスは、欠かすことが出来ないものです。
特に車のタイヤには日々の強い負担がかかり続けていて、タイヤ交換の目安は約4年から5年程度と言われています。
しかし走行状態によってはそれよりも前に交換が必要となる場合があり、タイヤの状態を正確に把握して早めの交換をする必要があります。
夏タイヤと冬用のスタッドレスタイヤによってもタイヤの寿命は異なり、夏タイヤの場合はタイヤの溝が4mm以下になった場合には交換の検討をするべきです。
スタッドレスタイヤの場合は新品タイヤから、50%の摩耗が認められた場合には交換時期となります。
タイヤ交換を早期に行うのはタイヤの溝が浅くなることで、タイヤの制動機能に影響が出てスリップの原因となる場合があります。
タイヤがしっかりと地面に接することが出来ないことで、ブレーキやハンドリングにも影響が出ることがあるので早期の交換が必要です。
重要なのは日頃からタイヤの状態をしっかりと把握しておくことで、交換は早めに行うことをおすすめします。

タイヤ交換に必要な道具の揃え方!

タイヤ交換に必要な道具の揃え方ですが、これはさほど難しいことではありません。
カー用品店などに行けば誰でも簡単に手に入れることができます。
より基本的なことを言ってしまえば、カー用品店に行く必要さえもありません。
タイヤ交換に必要な工具は、実は車載品として予め車両に備え付けられているからです。
言い替えればタイヤの交換はドライバー自身でもできるものとされているわけで、それは信じられないというような人は今一度マイカーの取扱説明書を読み直したほうが良いでしょう。
基本的な工具は車両を持ち上げるためのジャッキと、タイヤをホイールに固定しているナットを回すためのレンチです。
これがあれば少なくとも作業は可能ですが、より快適にまた安全に行うためには道具にこだわることもあって、予め車両に備え付けられているものではなくてカー用品店などでより使いやすいものを買い求める人も多くいたりするのは間違いありません。

タイヤ交換は一人でも出来るのか?

車のタイヤは走行距離が増えるのと同時に少しじつ劣化していきます。劣化が進むと質が低下してしまい、トラブルが発生しやすくなることを理解しておくべきです。たとえば、新品の場合はしっかりと溝を確認できますが、減っていくと薄くなっていきます。この状態は滑りやすいので雨の日だったり、雪の日だったりなどは事故のリスクが高くなるでしょう。また、ヒビ割れも起こることがあるので、定期的に自分の目でチェックすることが大切です。無理だと判断した際はできるだけ早めにタイヤ交換を実施すべきです。タイヤ交換はガソリンスタンドにてお金を支払うことでやってもらうことができます。ただ、工賃を支払わなければならないですし、時期によっては混雑してしまい、思い通りにならないケースがあります。そんな時は一人でタイヤ交換をやってしまうことを検討しましょう。未経験の場合は不安に感じるでしょうが、初心者でも一人で取り組める作業なのでチャレンジしてみる価値はあります。

自分でタイヤ交換をやる時に必要な道具は何か?

自分でタイヤ交換をやる時に必要な道具ですが、思ったほどには大げさなものはありませんし、基本的には車載工具でそのクルマの購入時に付属しているはずのものばかりです。言い換えれば、タイヤ交換はユーザー自身でも行えるというか、むしろ必要に応じて実施できるようになっていることが求められています。それはそうでしょう。スペアタイヤが何のためにあるのかということで、パンク時には自力での作業が前提だからです。もちろんレスキューを依頼することもできるわけですが、全てのケースでそれが前提ならあえて重いスペアタイヤを各車に搭載せず、替えのタイヤ自体もレスキューで持ってきてもらえば良いということになるでしょう。具体的な道具は、クルマを持ち上げるためのジャッキと、タイヤを固定しているナットを緩めたり締めたりするためのレンチであり、実は最低限としてはこの2つだけなのです。ただ、これ以外にも車止めは普通用意しますし、軍手などもあると便利です。

自分でタイヤ交換する方法!順番とやり方について

タイヤを自分で交換するにはまず車体をジャッキアップさせる必要があります。車の後ろに備え付けてあるジャッキアップというツールを使って指定の場所にセットしてあげていくのです。この時に場所を間違うと、車体を変形させてしまう可能性があるので注意が必要となります。ジャッキポイントと呼ばれる位置は車の取扱説明書に指定されているので、よく確認することが必要となるのです。 次にタイヤのボルトを緩めて外していきます。これが終わると、タイヤを取り外すのです。ブレーキの場所等汚れているところがあれば掃除をしておくことがポイントとなるのです。そして新しいタイヤを取り付け作業に入ります。取り付けるとボルトを締めていくわけですが、対角線上に仮締めをしながら、徐々に締めていくことが重要となるのです。タイヤ交換の方法で1番重要なポイントがこれになります。タイヤ交換はこれで終わりではなく、いちど軽く走行し、再度本締めに入ることがポイントとなるのです。この方法を逃してしまうと、脱落や緩み防止につながらなくなるのです。

自分でタイヤ交換する時の注意点!

自動車の基本的な整備点検項目の一つに、タイヤ交換があります。かつては自動車教習所でも実習がありましたが、現在においては必修ではなくなりましたので、実際に経験したことのない方も多いのではないでしょうか。ディーラーやカー用品店などに依頼をすると1本あたり数百円の費用が発生するために、自力でタイヤ交換を行いたいと考えている方もいらっしゃると考えられます。そこで作業を行う場合の注意点についておさえておき、安全に作業を行ってください。まず最初に必要となる道具ですが、車載工具を使用するよりも専用のジャッキやレンチを用意することが望ましいものです。車載工具は非常用と言えるほど簡素なものですので、できれば油圧式ジャッキやクロスレンチなどを購入しておくことがベストです。作業時は水平な場所で行い、タイヤをセットしてから対角線の順番でボルトを締め上げていきましょう。このときにタイヤがぐらついていないか、ボルトに緩みがないかも入念にチェックすることに注意をしてください。タイヤ交換は車両の安全面に直結する重要な作業ですので、自信のない方は専門店に依頼をする方が確実です。

タイヤ交換をお店に依頼する時に気をつけること!

タイヤ交換をしてくれるお店はたくさんありますが、それぞれ受けられるサービスが異なります。そのため、依頼する前にはどのようなサービスが無料で受けられるか確認することが大切です。料金が安く設定されていても、タイヤ処分料などがかかる場合は高くついてしまうこともあります。処分料金は必要なのか、必要な場合はいくらなのかチェックしましょう。 そして、どの車種の車にも対応できるか調べる必要もあります。車種によってはタイヤ交換ができないこともあるからです。そのほか、タイヤ交換後の保証期間を確認することも大事です。タイヤ交換をしてすぐにパンクしたりすることもあるため、保証があると安心できます。 また、手持ちのタイヤがある場合は、タイや持ち込みがOKかも知っておく必要があります。その店でタイヤを購入しないと好感してもらえないこともあるからです。後で後悔することがないように、事前リサーチをしっかり行うことが大切です。

タイヤ交換に関する情報サイト
タイヤ交換の基本と方法

当サイトは、タイヤがパンクしたときやタイヤの減り方を均等にするするためのローテーション作業などタイヤ交換についての基本的な知識および交換方法について解説しています。初めての人でも成功するためのコツやポイントや交換作業の流れなど幅広く触れているので、現在交換作業を検討されている人や車の免許を取得したばかりでドライブ途中でパンクしたときのことを想定して覚えたい人などにおすすめです。

Search